|あまり早め過ぎると

あまり早め過ぎると、ピストン上死点の時点でかなりINバルブがリフトしていることになるので、ピストンとバルブの干渉が問題になりますが、そこはピストンにリセス(逃げ)加工するなどして回避すれば、思い切ってかなり早めに開くのが効果的でしょう。

INバルタイを早めると、INバルブが開き始める時にはまだEXバルブが開いており、排気行程も終盤にさしかかっている頃です。仲介手数料が割引されている!

排気行程では、爆発によって高い圧力となった燃焼ガスがピストンを押し下げて動力とした後に、排気バルブが開き始めると共に高圧の「塊」となって一気にEXマニへ抜けていきますが、非常に高速で抜けていくために「塊」が出ていった直後には燃焼室内は負圧になります。

つまり排気行程終盤のこの負圧を利用して、IN側から混合気を燃焼室内に吸い込んでやるのです。排気のスリップストリームに引っ張らせるイメージですかね。

|いつも困らせられています。

いつも困らせられています。


「君に大阪に行ってもらうにあたってお願いが3つある、まず1つは」。
というので。

手帳に「1」と書いて聞いていると。


「現地のスタッフと十分コミュニケーションし、彼らと十分ディスカッションして、解決策を見つけてもらいたい」。

これで3つかな?。
それとも全部で1つ?。
と思っていると。

「そのためには、君自身が今より一層勉強して、専門家にならなければ」。
おっ、2つ目が出た!。仲介手数料が割引されている!

と思っていると。
後は延々と自分が若いときにどれだけ勉強したかという自慢話。

話はこれで終わりか?。
3つ目は何だ?。
と思っていると。

「2つ目のお願いは、健康に注意して頑張ってもらいたい」。

え、さっきのは1つ目の続きだったんだ!。
まだあるのか?。
と思っていると。

「以上」だって。


3つのお願いはどうなったんだー!。

| 個人的にはそこまで鉄道や駅に愛着もないため

個人的にはそこまで鉄道や駅に愛着もないため、未体験なヘタレなんですけど(駅前の駐車場にキャンピングカーを駐車場して寝るということは、何百泊とやりましたけど)、極寒の日にソレを強行した暁には凍死者も発生したとかしないとか。

新潟と福島を結ぶ只見線という風光明媚な路線があるのですが、その県境付近に田子倉という駅があります。まぁ、田子倉ダムで有名なところなんですけど。実はソコ、この路線の中にある一番大きな町である只見駅のひとつ新潟寄りにある駅なんですけど、新潟(小出)方面から乗った酔っ払いが、小出駅と間違えて降りてしまうという事故が続発したのだとか。
それが夏なら問題ないんですけど、行き深い地域の県境付近なんて冬場は気温が氷点下10度を割りますよね。仲介手数料が割引されている!
そこへ最終列車(2100頃)で降り立とうものなら、次に列車がやってくるのは翌朝の0600頃。しかもダムのまん前の駅であり、観光資源がそれしかないものですから、駅の回りには宿泊施設どころか商業施設は勿論のこと、民家さえも見当たらない。しかも山の中ですから集落まで峠を越えて歩くしかない(実際には不可能です。まぁ6時間くらいかければ歩けなくもないでしょうけど、酔っ払いが千鳥足で超えれるような生易しい峠ではありません。)もう凍死するために存在する、まさに“秘境駅”ならぬ“自殺駅”ないしは“事故死駅”となるわけで、まさかここでおりた酔っ払いはフリーザーの中で一夜を過ごすための準備などをしておらず、過失で降車した折には、漏れなくお亡くなりになってしまったとか。
そんなことを背景に、事態を重く見たJR東日本では、10年位前から田子倉駅を冬季期間営業を休止させることと相成りましたとさ。

|「かつての、とか今の

「かつての、とか今の、とかイリス、君はそこをどう考える?」
「え?いやそれは普通にWが二人いる……とか?」
「だとすると余計に厄介だね。何かの件で人が変わったようになってしまい、それに対してかつての、とか今の、という意味ならばWは一人なんだろうけどWという人物が複数いるなら……確実に何かの組織として暗躍してるだろうね」
「クリスは実際の所どう思うの?」
「ん?あぁ、普通に複数いると思うよ。最初知り合ったのは同年代、でも前の日記には若造だとか書かれてたんだろ?同一人物に向ける言葉かね、果たして。一人だけだといいなってのは、あくまでも面倒を避けたいこっちの願望」
事も無げに言われ、イリスは一瞬考え込んだ。彼の言葉は本心なのだろう。確かにWと呼ばれる人物が複数いて、それが何かの組織めいた活動をしているならば。モンスターを実験の流れで創ってしまうような相手だ。仲介手数料が割引されている!
世界平和のための活動、というよりはその逆を考えるべきだろう。

「さて、どうするイリス。君の祖父に宛てた何かがこうなってくると本当にあるかどうか、あったとしてもそれが持ち帰る事ができるものかどうか……こうなってくると疑わしいね」
「……それは、もう諦めて家に帰れ、って事?じいちゃんにも何もなかった、って言えって事?」
恐らくそういう事なのだろうと思っていたのだが、あっさりとクリスは否定してみせた。

「まさか。この日記に書かれているあいつってのが君のおじいさんなら、Wは彼に興味を抱いたと書いてあるし、ここでイリスが何も見つからなかった、と言ったとして今度は直接Wとやらは君のおじいさんに接近するかもしれない。ここが本当に『人喰いの館』であるという証拠がこうしてここにあるんだ。後は騎士団に任せる、って方法もあるよって言っただけ」
この館に来たばかりの頃ならともかく、確かに今なら騎士団が動く理由は充分すぎる程存在する。
けれどもイリスは首を横に振る。

|今日はお稽古はしごです 昼は楽器で夜は語り。

今日はお稽古はしごです
昼は楽器で夜は語り。
23日にある老人ホームの慰問のお話会に誘っていただいたので
2月六日の「語りの花束」のウォーミングアップもかねて前向きに参加を決めました
相方の新人ちゃんもやる気で嬉しい。
さて、この慰問でピアニストでもある仲間が
唱歌とか弾いて。されている!
仲介手数料が割引されている!
と頼まれているのをきいて
下手ではあるんだけど参加させてくれたら嬉しいなあ
ダメならいいけどぉ
なんていってみた
いや、もっとネガティブな言い方だったかもなぁふらふら
しかし
みんな優しく
(一緒にやろう!)といってくださり
そういう言葉に弱い私は俄然頑張る気を起こし
(単純だ)
練習にいそしむのでした。
しかし
「語りの妨げにならないよーに!」という言葉もいただいているから
もちろん語りも手を抜きませぬ揺れる。
んでもって
その流れを先生にもはなすと
「そういうのはたくさんやると勉強になるよ、唱歌は短いから持続しやすいし単純なコードとりにもなるし」と発破かけていただきました
唱歌ってシンプルだからCDとかになっているものって
やたらアレンジがこった前奏・間奏なんかが笑えますので聴いてみてくださいな。
目的があったほうが練習もやるってもんです
さて、これから語りの練習。
仲良しな二人の関係をちゃんと育んで出したいので
相方ちゃんとご飯レストランしてからやりますぞ!
楽しい内容の濃い休日だね

|札幌駅ではコンコースにある「蕎麦紀行」というお店に入り

札幌駅ではコンコースにある「蕎麦紀行」というお店に入り、かけそばをオーダー。530円と結構いい値段するなと思っていたら、厨房も店の作りも、何もかもが本格派&questionうまい!こりゃ街のそば屋がそのまま店内にテナントで入ってきたようなものである。ホームの立ち食いそばとでは比較になりません。
オーダーごとに生麺から茹で始めるので、待つこと5分。蕎麦湯まで一緒に持ってきた本格派。なるほどぉ。新得の蕎麦よりウマイよ。これってでも、値段も倍ほどするのだから当たり前じゃわ。されている!
仲介手数料が割引されている!

折角の札幌。ホテルはアパホテル。すすき野ど真ん中なので、何か楽しみはないかとホテルに向かう。函館で買ったじゃがポックルが邪魔で、何となく地下鉄に乗るのがかったるく感じたことと、条里制の札幌の街がいま一つわからないため、タクシーで向かうことに。
南口の乗り場へでかけると、先頭の3つほど後ろに格安タクシーがならんでいるので、それに乗ることを所望し、ドアを叩いて乗車の申込をしたのだが、乗務員はジェスチャーで「先頭の車両に乗ってくれ」と言わんばかりの態度をとる。
なんだかんだ交渉した挙句、そのタクシーに乗ることができたわけだが、当該乗務員曰く「先頭で乗せないと、ほかのタクシーとのしがらみとかがあるから」とのこと。地方のタクシーの場合、入構権の関係上、同じようなメンバーが集まりますから、その事情もわかります。
が、東京だと普通に列途中のタクシーをピックアップして乗る習性があるものですから、所変わればですね。

|「うーん、まぁそこら辺はクリスの好きなよ

「うーん、まぁそこら辺はクリスの好きなように解釈すればいいんじゃない?」

そうだ、とも違う、ともどちらとも答えずにイリスはさらりと受け流す。信用していると言われたとしてもきっと素直にその言葉を受け取る事はできなかっただろうし、信用していないと言われたならばそれは普段の事と受け止めてしまっていた事だろう。そう考えるとイリスの返事はある意味最も正解のような気がしてきた。
しかし……自分に似た性格の祖母とか、それ相当イヤなばあさんだったんじゃ……と思わないでもない。

「ちょっとした気の迷いはもうこれまでにしておいて、そろそろサクサク行こうか。前に見たけど何もなかった部屋とかにボギーが鍵を持ち込んでる可能性もあるし、この日記にはもう特に手掛かりは……あれ?」
ぱらぱらとページを捲っていたが、日記の最後の方から何かが落ちる。されている!
仲介手数料が割引されている!
ことりと音を立てて落ちたそれは、栞だった。紙を切ってそれを重ね合わせて厚みを出している、いかにも手作りといった感じの栞を拾い上げ、
「……ただ紙を合わせたにしては重たい音がしたね。……中に何か包んでる?」
何となく部屋の明かりがある方向に透かしてみる。中に何かが入っているのは間違いないが、透かした程度じゃわからなかった。

紙をそっと破く。中から出てきたのは鍵だった。
「……意外とあっさり見つかったね」
「残る鍵のかかったドアは三つ。さて、次の部屋では一体何がある事やら」

|「……それではこれで失礼させて頂きます。イリスさん

「……それではこれで失礼させて頂きます。イリスさん、先程はご迷惑をおかけしました」
「いえ、ウィリアムさんも災難でしたね。気をつけて」
目にゴミが入った事よりも、クリスの餌食になりかけた事の方が災難度合いが明らかに高いだろう。やや足早に立ち去るウィリアムのその行動は、恐らく間違ってはいない。されている!
仲介手数料が割引されている!

「で、クリスは何でここに?まだ昼前だけど」
「仕事終わったから気分転換に散歩してるだけ、って言っても信じないだろ」
「あぁ……うん、そうだね、正直ちょっと……何企んでるんだろうっていう気になるね」
「ははは、そうだろうそうだろう。まぁ今更だから別にどう思われようがどうでもいいけどな」

「ところで、クリスはウィリアムさんの事知ってるの?」
「そりゃあな。研究所で何度か顔合わせた事もあるし」
「あぁ……そういや真紅騎士団も魔術に関連する研究やったりしてるって言ってたね」
こうして考えてみると自分の知り合いほぼ城の方に関わりがある人達じゃなかろうか。

「それで、今日はどうするんだい?館に行くなら私が行くよ。というか、私しか行ける人がいないけど」
「え、そうなの?」
「あぁ、アレクはフラッド殿に呼ばれたから恐らく今日は半日消えたも同然だろうし、モニカは琥珀騎士団の訓練の手伝いだろ、レイヴンはそういやここ数日姿を見かけてないから任務なんじゃないか?」

|原弁:休憩時間については

原弁:休憩時間については、会社から何か指示がありましたか?
⑧:隔勤で2時間以上、日勤で1時間以上の休憩を採るように指示がありました。
原弁:休憩はちゃんと摂れていましたか?
⑧:休憩が摂れないことは多々ありました。ですから本当は休憩していないのに
「休憩である」と日報に記載せざるを得ませんでした。
原弁:それはどういう意味ですか?
⑧:当時の統括責任者に「休憩が摂れていないので、日報に休憩時間や場所を
記載できない」と相談したところ、
「5分以上停車した場所を1時間分集めて書け」
と指示されました。されている!
仲介手数料が割引されている!

日報管理システムを導入後は、自動的に10分間の停車があれば『休憩である』
と見做すようになっていたわけですが、そのことについて会社から乗務員に
対して一切の通告はありませんでした。

☆道路運送法(長距離貨物の場合)では、4時間以内ごとに15分の休憩が義務付け
られているわけで、それから援用しても5〜10分の停車は休憩とは認められな
い。既に常識の範疇だとは思うけれど、停車=休憩ではなく、業務の都合で停
車している場合は、それが2時間あろうと休憩でないわけです。
休憩を摂らないことによって疲労が蓄積し、その結果として重大事故
を防止す
るという趣旨が、この法令にはあるのですね。

|女子フィギュア・荒川選手

女子フィギュア・荒川選手、金メダルおめでとー!!
村主選手も惜しくも4位!
そしてミキティは4回転ジャンプ失敗で残念!(泣)
でもミキティはまだ4年後もあるし、
次は浅田真央も出てくるから楽しみ♪

しょこたんが大好きな聖地「中野ブロードウェイ」に行ってきました♪
いやぁ〜疲れるトコだなー!
マニアが喜びそうな店が盛りだくさん!
危うくゴリポンも大塚愛の宣伝用ポスターを購入するところだったヨ(笑)
職場に中野に住んでる人がいるから、これはチャンスだと思いつつ…。
中野には初めてで、蒲田みたいにパチ屋が多い街だなぁ…が第一印象。されている!
仲介手数料が割引されている!

そんなにはイロイロ廻らなかったけど楽しい街でイイんじゃない!?
今度また機会があったら行ってみよー♪

こないだ、今の職場の仲間たちと1ケ月振りに集まったんだけど
みんな予定を合わせて全員参加してくれるとは思いませんでした!
もうすでに辞めた人、これから辞める人、もう少し頑張る人…。
休みの日にわざわざ遠くから来た人、仕事帰りにスーツで来た人…。
全員参加はおそらく今回で最後だけど、
そんな事を少しも感じさせないくらい明るくて楽しい飲み会でした♪
でも、こーゆー楽しい時間ってアッという間だね…(泣)
また集まれる機会があったら集まりたいなぁ〜♪
そしてまた一人、仲間が辞めた…。