|あまり早め過ぎると

あまり早め過ぎると、ピストン上死点の時点でかなりINバルブがリフトしていることになるので、ピストンとバルブの干渉が問題になりますが、そこはピストンにリセス(逃げ)加工するなどして回避すれば、思い切ってかなり早めに開くのが効果的でしょう。

INバルタイを早めると、INバルブが開き始める時にはまだEXバルブが開いており、排気行程も終盤にさしかかっている頃です。仲介手数料が割引されている!

排気行程では、爆発によって高い圧力となった燃焼ガスがピストンを押し下げて動力とした後に、排気バルブが開き始めると共に高圧の「塊」となって一気にEXマニへ抜けていきますが、非常に高速で抜けていくために「塊」が出ていった直後には燃焼室内は負圧になります。

つまり排気行程終盤のこの負圧を利用して、IN側から混合気を燃焼室内に吸い込んでやるのです。排気のスリップストリームに引っ張らせるイメージですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>